世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

問学の勧め!第18話 浮気の効能!”



師匠曰く・・・

浮気には効能がある・・・・

男の浮気は・・・ほとんど病気・・

不治の病に等しい”・・・手遅れ・・

死ぬのを待つか・・・

年を取って・・役に立たなくなるまで待つ

そうすれば・・・必ず治る・・・

妻は・・我慢するしかないでしょう・・合掌・・



師匠 「妻の浮気は・・・効能がある」

弟子 「え?・・・・」

   「妻の浮気に効能が有るの?・初めて聞いた

    どんな”効能が有るの?・・師匠」

師匠「妻の病気を防ぐ・・効能がある」

弟子「病気?どんな?」

師匠「神様は”女を平等に造ってるのだよ”つまり、

   立場が変れば同じ事を言い、同じ事をするんだよ」 

弟子「ふ?む!初めて聞きました・・それで?」

師匠「妻を、優しく、触れて、擦って、揉んで、掴んで

   握って、叩いて、突いて、・・・刺激を与えれば

   カ?と体が熱くなる・・その体温で心が温まる・・

   心が温まれば・・病気にはならない・・・・・・

   心がさめて、冷たくなった女は病気になる」

弟子「なるほど・・・夫の醒めた愛を・・他人で補う」

師匠「まあ??一時しのぎではあるが・・・」

弟子「家庭崩壊の末期症状ですね??」

師匠「病気になるより良かろう!”」

弟子「どんな病気ですか?」

師匠「無口になり、欝が進み、妄想が起き、考えることが

   苦痛になり、考えるのを止め、やがて何も考えず、

   生きてる事を忘れれる、痴呆症になる。

   妻を張ったらしにした付けが介護に回ってくる

   貞淑な我慢を重ねた妻に起こる・・・・

   夫は・・浮気ではなく、仕事人間の妻の病気だ」


スポンサーサイト

 
 

番外編 かぐや姫伝説 5 最終章



預言者・・・不思議な能力・・・

未来の映像を見た人間は・・・・

各民族に必ず・・・一人は居る・・・

しかし、日本人は一人や二人ではない・・

無名の天才が大勢居た・・・

竹取物語を書いた人物もその一人・・・



世界の預言者の言を集めれば・・・・

筋と場面が見えてくる・・・



笹リンドウ・・・・・・



イラクの預言者・・・アモス・・・

「世界を救うのは・・雨リンドウの花」

これも・・・家紋だ・・・



不幸な生い立ちに、苦労を重ね・・人生をあきらめなかった人物が

掴んだ栄光”・・・・



やはり・・・・見ていた・・・



ノストラダムスは・・・・・

「北に泉を望み、綺麗な家が立ち並んだ

 造成地に住む、親孝行な息子よ!”」

・・と呼びかけている



五人家族は、父親と二人の息子、妻、その母親だ・・・・



 
 

番外編 かぐや姫伝説 4



竹取物語の最大のポイントが求婚話だ

5人の皇子と金持ちが求婚した

詳しくは本を読んでくれ・・・

ここが作者が一番苦労した所だ”



石作皇子には仏の御石の鉢、

車持皇子には蓬莱の玉の枝、

右大臣阿倍御主人には火鼠の裘、

大納言大伴御行には龍の首の珠、

中納言石上麻呂には燕の子安貝

を持ってこさせるというものだった。どれも話にしか聞かない珍しい宝ばかりで、手に入れるのは困難だった。

みんな失敗した・・当たり前だ・・・

この文章では意味が不明だから、

ここで、竹取物語の意味が不明になる



無いものねだり!”

珍しい宝を考案する方がかなり難しい

苦心したことだろう”



これを現在に直して翻訳すれば・・・・・

かぐや姫に求婚する・・・

「私と結婚して下さい”

 私の妻になって”死ぬまで傍に居て!」

かぐや姫

「貴方の願いかなえます”

 しかし、私の願いを先にかなえて下さい」

「願いとは・・・」



一・・日本は地震が大きくなってます     地震をとめて下さい

二・・気温が上昇してます

    温暖化を止めてください

三・・砂漠が広がってます

    砂漠を緑化して下さい

四・・南極大陸が無人です

   人が住めるようにしてください

五・・私を月に連れって・・・



五つの条件ですが・・どれでも一つかなえてくれれば・・・妻になります・・・



これが出来れば・・人類の快挙です・・

かぐや姫は・・・輝かしい功績・あるいは人々の尊敬の念が集まった娘・・・・

そういう意味の娘・・だった

      

この作者は・・かぐや姫が結婚した人物を見ていた・・・

だから・・・こんな不思議な物語を書けた・・・

・・・かぐや姫の夫となった家族があの家紋でしめした



 
 

番外編 かぐや姫伝説 3



0b28b21c.png

家紋の不思議!”

この笹リンドウの家紋だけが不思議なのだ

なぜかといえば・・・・

空想の産物が含まれているから・・・



5枚の笹と・・3つの花・・・・

この花は竹の花なのです。

しかし、竹の花がリンドウに似ているから

笹リンドウ・・と呼ばれている・・・

しかし、・・竹は花は咲かない・・・

花は種を残すための花が咲き・・

枯れて・・・種が出来る・・・

竹は根が伸びて・・・竹の子供が生えてくる

花が咲かないのに・・竹の花とは・・・



実は・・・竹の花には裏伝説があるのです



竹の花が咲く時・・・・・

ネズミが増えて・・・

大飢饉になる・・・・

60年に一度咲く・・・

という伝説があります・・・



咲かない花が咲く・・・

この伝説の持つ意味は・・



かぐや姫・・竹取物語の中にヒントがある

かぐや姫が生まれた・・竹の種族の人物を教えている・・・

60年・・・60歳と年を教えている

5枚の笹のは・・家族5人を表し・・

3つの花は男をあらわしている・・・

この物語を書いた人物は未来の映像を見ている

しかも・・・

家紋を考案した・・

人物では有るまいか???



 
 

番外編 かぐや姫伝説 2



29644c1e.png5d9e7ca6.png9789d49d.jpg

 中秋の名月から・・・かぐや姫を連想



かぐや姫の竹取物語を思い出した・・・

不思議な物語・・・

作者不詳・・「私は名乗るほどのものではない」

作者の奥ゆかしさを感じる・・・・



もし!”仮に・・予言だったとしたら・・・

この人物は・・未来の映像を見たに違いない・・

予言は未来の映像を見ることなしに書けないからだ・・

有名なノストラダムスもそうだ・・・

予言には・・・・・

いつ・・時と場所と状況・・が必要だ

また、誰に教える為に書いた??

不思議な文面は・・普通の者には理解出来ない・・

それは・・作者が見た人物への手紙???



もう少し・・明細を検証すると・・・・

天下を取るのは・・・源氏だ・・・

という噂が戦国時代に流れた・・・・

事実”徳川家康も家系図を源氏と結び付けている・・・

今では源氏は滅んだと思われているが・・・



この源氏の家紋の不思議がある・・



 
 

番外編 かぐや姫伝説 1



51c00f63.pngb0cef45b.png



amiさんの言葉は・・・イメ?ジが広がる・

かぐや姫伝説を問学で解くと・・・・・・

昔話のおじいさん。お婆さんは・・神様の代名詞

男が歴史で女は運命・・・

姫といううから・・・・・輝かしい運命

竹から生まれたから・・竹の種族・・家紋

例 ・・竹に雀・・伊達政宗 

  ・・笹リンドウ・・源氏系

月は・・ツキ・・幸運

4ヶ月で成長した・・事を起こし4ヶ月で有名になった世界的に

時は・・・かぐやが月に帰ってから・・・

いみじくも・日本のロケット(かぐや)が月探査に打ち上げられた



かぐや伝説は・・・予言だった

ある人物が・・・登場するかも・・(笑)



 
 

問学の勧め!第18話 夫婦喧嘩!4



夫婦喧嘩を見る目・・・

犬と猫では大違い・・・・



赤の他人さんの見る目は・・・



ははははは??・・・・

またもめてら???・・

「いいぞ”もっと”はでにやれ???」



他人の夫婦なんぞ・・喧嘩を見るほうが楽しい・・・

いわば・・・対岸の火事・・

大きい方が・・・おもろい・・



しかし” 自分の事や、身内では大変だ”



火を早く消さねばならない・・・



仲裁でもめる・・・・



普通の人は・・正しい者に味方する・・・



事件はこれで・・起こる・・・



夫婦喧嘩は・・常に原因は夫が作る・・・

言い分は・・妻が正論だ・・・

だから・・妻の方に味方が付く・・

夫に非難が集まる・・・

夫の怒りにさらに・・火が付く・・

仲裁に入った・・・

母の肩を持った・・・

・・・

父に殺された・・・



そんな事件が・・・事実起こっている

・・

ひどい・・・父親だ・・・馬鹿な男だ



夫婦喧嘩で息子が殺された・・・

残った母・・・・・・・

どうして・・生きているのだろう・・・



 
 

番外編 ストップ高



この17話も受けた・・・

1066人に次ぐヒット・・

20時までに・・900人



読者が増えました・・



何話まで出来たら・・

1冊の本になるかな?・・・



 
 

問学の勧め!第17話 夫婦喧嘩!3



「夫婦喧嘩は犬も食わない」

こんな格言がある・・・・・・

実際、喧嘩は食い物ではない

食えるわけが無い・・当たり前だ

こんな当たり前のことが格言?・・・・・



本当は格言には・・奥の深さがある・・・

正しくは・・・・

「夫婦喧嘩で、犬は噛み付かない」である



犬の眼から見ると・・・・

餌を出してくれるお母さんは大好き・・・

散歩に連れだしてくれるお父さんも好き・

どちらの味方も出来ない・・・

仲良くして欲しい・・・・

黙ってみてるだけの僕・・・・



これが犬の心・・・

猫は・・とばっちりを避けて・・・

さっさと姿を消す・・・・・・・・



 
 

問学の勧め!第15話 夫婦喧嘩!



女房を怒らすと・・・・怖い””



血が頭に上り・・顔は真っ赤”

まさに角がニョキニョキと延びる



目は血走り・・・ぎょろりとひかる



全身から・・オーラが飛び出してくる



目の前から、怒りが納まるまで逃げ出したくなる



怒りが治まるまで・・・我慢・・・



おや!”?・・・・・・

怒り狂った・・女房の口から・・・・

名言が飛び出してくる・・・・・・・



「お前みたいな女房は・・もう・いらん」



「何”言うてん”あんたの女房だったら

私でなくても、ほかの女でも、

同じ事を言うし、同じ事をするわよ!”」



あ・・・悟った・・・・



「そうなのか・・・女は同じなのか?・・

そう言えば・・・考えをめぐらし始める」



喧嘩をしてることも忘れ、冷静になる・・



「お?い!お茶!”」

女房が、ブス”とした顔で湯のみをおく

口も利きたくないという表情で膨れている



「いつまで”怒ってるだ”」

この問い掛けに・・呆れて・・怒りが納まる

・・・喧嘩は・・この繰り返し・・・



女を怒らすと・・名言が飛び出す・・

悟れた・・男は・・

哲学者ソクラテスを超える・・・・・・・



悟れぬ男は・・・暴力を振るう・・・



賢い男の見分け方だ・・・



 
 

問学の勧め!第14話 理想の夫婦4



話が・・横道にそれた・・・

私の人生がごとく・・道草を食った・・

理想の夫婦だって・・

そんな夫婦・・居る分けない・・

喧嘩して・・・

喧嘩して・・・

もめて・・・

叫んで・・・やっと落ち着く・・

子供のことで・・・

夫の・・女のことで・・・・

収入・・お金のことで・・・

姑や小姑のことで・・・

妻の実家のことで・・・・・

もめない方が・・・・・・ある分けない



有るとすれば・・夫婦とも孤児で・・

夫は浮気せずに・・・

金はしっかり稼ぎ・・・

子供が居ない・・・・・

しかし・・・

子供が居なければいないで・・・

またもめる・・・・・



いつまでも・・

仲良く・・・・

トラブルもなく・・

日々・・平穏で・・



そんな・・人生って・・・面白い???



 
 

問学の勧め!第12話 理想の夫婦1



夫婦とは・・なんだろう”

男と女の組み合わせ・・・

子を産んで・・・・・・・

育てて・・・・・・・・・

育てた子に・・捨てられたのでは・・

育てた甲斐が無い・・・・・・・・・

結構・・・多い・・

もっと多いのが・・・勘当・・・・・

親が子を見捨てるケースだ・・・・・

赤ちゃんポストが、世間を象徴している・



しかし・・・・・・

子供の目から見ると・・・・・・

馬鹿な父親とアホな母親は居ない方がいい

これも・・事実なのだ・・・・

アホな母親に育てられると・・不良になる

馬鹿な父親が育てると・・ヤクザになる



狼が育てると・・狼少年

チンパンジーが育てると・・

ターザンになる・・・・



神の子は・・誰が育てても髪になるが

人間は・・育てた者の心を知る・



 
 

問学の勧め!第11話 カカア天下4



こんな苦労・・・・どんな?

”どんな苦労をさせられたの””



「貴方も”嫁”に行きたいんでしょう!

 だったら”覚えてなさい!

 男はね??一生の間には、ぴた??と

仕事をしなくなる時が、必ず来るの」



「え??!どうして?」



「これが、離婚の理由の大部分を占めるの」



「お願い!詳しく”教えて????」



「まず!ケガや病気で・・寝込むとき・

でも、これは時間が経てば回復する・・

だから・・離婚までは行かない・・・

問題は・・心に傷を負ったとき・・

これが・・女には見えない・・・

だから・・さっさと見切って離婚する」



「そうでしょうね??駄目亭主の烙印をおすわね」



「でもね??それを、叱咤激励をして、

働かせるまで踏ん張る・・・・・

これが・・妻の本当の苦労なのよ・・・

これが出来なかったら・・・・・・・

離婚再婚また離婚・・繰り返すだけよ

そのたびに・・父親の違う子を産む・・

あなた・・そんな馬鹿な女になっては駄目よ」



 
 

問学の勧め!第10話 カカア天下3



何でもホドホド...がいい。

私はね(笑)



ごもっともです!

しかし”女の幸せは・・男次第

    男の出世は・・妻次第



能力と才能・・・・

持ってる方に引きずられる・・・



それが・・夫婦・・・



運命の分かれ道は・・・結婚から・・始まる



私の妻も・・「サラリーマンの妻でよかったのに・・・」



貴方と同じことを言ってたよ!(笑)



こんな苦労させて!”(怒)





 
 

番外編 ストップ高



番外編 ストップ高

またまた・・ストップ高

訪問者が一日で 1000人を超えた



またびっくり・・・



夫婦の話しは・・・面白いものね??



心理学の生きた教材に最高ですよね!””



 
 

番外編 ストップ高



またまた・・ストップ高

訪問者が一日で 770人を超えた



びっくり・・・



 
 

問学の勧め!第9話 カカア天下2



我が家のカカア天下は・・・・

もう!”30年の安定政権だ・・・

こんなに時間が経つと・・・

びくともしない・・・・・

だから・・・廻りに相談者が集まる・・・

いつも・・にぎやかなことだ・・・

人の出入りが絶えたことが無い・・

いつも・・誰か居る・・・・

相談者「近頃ね??無言電話が多いの”」

カカア「あら??無言電話なら良いわよ”

    うちは・・かかって来る電話といえば、警察と税務署ばっかりよ!」



豪快に笑い飛ばす・・・・



天下を取り戻すのは・・・・

かなり難しい・・・・・・・



出世して・・・・・・

金を稼いで・・・・・・

札束で・・・・・・・

女房の尻をド???ン・・

そこをどけ!””



やっと・・・亭主関白・・・



有名になって・・金が有ると・・・

女が寄ってくる・・・・・・・・・

女房より・・いい女が・・目の前で・・・

据え膳で誘う・・・・

思わず・・・手と足が出て・・・



また・・・天下を取られる・・・・



これが・・太閤秀吉の話



 
 

問学の勧め!第7話 浮気は二種類ある



浮気はね??二種類あるんですよ!”

1つはね??一夜の夢の積み重ね

2つ目は千夜連続の夢・・・・・

前者は好色な男・・・

女を次から次ととっかえる

後者は一人の女を愛し続ける・・

例外もある・・・・

据え膳だけを食う男・・・・



男って・・・仕方がないね??まったく”

いくら”知識と教養を積んでも・・・

オスの本能は消えないですね??



妻の浮気????

もう!”家庭が崩壊してます



 
 

問学の勧め!第6話 浮気は必ずばれる



浮気がばれると・・・・・・・・・・・

やはり!”怖れていたことが・・・・・

女はね?・・カカア天下に成れなかったら

本当に幸せになったとは言えないんだよ・・・

最初に旦那が浮気したときに

「天下を取る絶好のチャンス」だったのに!”見逃した”

「あんただけ”いい思いをして・・さっさと帰ってらっしゃい!”」

としかりつければ・・後は自分の天下だったのに・・・

そして、旦那の稼いだ金を全て巻き上げる・・

このくらいの芸当が出来なければ女は幸せになれないんだよ!

浮気はね??ばれるんですよ”!

妻は・・「私と過ごすはずの時間を奪ったのは・・どこの女だ」・・と

夫は・・「妻の心を奪ったのは、どの男だ」・・・・・・・・・・・と

女は時間で気が付き・男は心を奪れた事で気が付く

・・それが浮気をした人間だよ

鏡には写らないけどね・・・・・・見える人の目には・・

妻の心が戻らなければ・・難しいね??

夫婦の仲がよければ・・子供のことは何も考えなくても・・

子供はね??

母の表情と態度で・・父親の心を悟るのですよ・・・

妻の火遊びで・・

子供達が心に火傷をしてなければ良いのですが・・

火傷をさせると・・親の恩はなくなるのですよ

年を取ったときに・・

「母さん一緒に暮らそう」とは絶対言わない・・



 
 

番外編 ストップ高



化け猫の話が・・・・ストップ高



ホームページの訪問者はいつも10人程度

だったのに・・・・びっくり・・



1日で・・500人を超えた・・・



問学の面白さが・・

わかってくれたら・・・嬉しいね!””



 
 

問学の勧め!第5話 猫といえば



猫といえば・・・思い出した・・20年前・・



「汗をかき、暑さに耐えた、者だけが

  やがて、実りの秋を知る・・」



町内会の役員に選ばれ、自ら選んで広報を担当した

この時に・・猫の苦情が寄せられた・・

「野良猫が、私の庭に入り込み、糞をするので

 何とかして欲しい」と・・・・



そこで、広報で回覧盤をまわした・・・



「野良犬に比べれば、子供に危害を加える怖れは

有りませんが・・糞は困りますね????

人に聞いた話ではありますが、実験してください・・

犬は3日飼えば恩を知ると言います・・

果たして猫は何日でしょう???



糞をお掃除して、その場所に器に入れて、

猫の好物を置いてください・・・・

数日間好物をおいて・・・やがてもう餌をやらない



実験をしてください・・答えがわかりましたら

報告下さい・・・・・・・・・



この記事の評判が良かった事を思い出しました



答えは・・・一日でした・・・・







 
 

問学の勧め!

aebe906d.jpg

「お父さん!”なぜ、勉強しないといけないの?」

それはね!知らないことを知るためだよ!”



なぜ、俺は学問するのだろう?

それはね!見えないものを見るためだよ!”



問学は・・・疑問を解いて納得するもの

学問とはずいぶん違う・・・・・・・・



この前”テレビで猫の話題があり、興味を持った”

内容はこんな話だった

「ある家族から、投書があった。少年が子猫を可愛がって

育てた。しかし、その少年が青年になり、上の学校に行くため、

家を空けた。 しばらくして、家に帰ると・・・

その猫がその青年だけに・・

激しく噛み付き、引っかくようになっていた・・・

そこで、動物と話が出来るという少女が外国から

招待されその家を訪問した」・・・・



少女は・・猫が恨みを抱いていると言い・・・

正常になるまで時間がかかると・・・・・・・



私は疑問を解いた・・・

少女は・・知識と教養が、やはり不足していた

だから”時間がかかると言って、お茶を濁した

解決策が提示できなかった・・・・・



本当の原因は・・

この少年が文字通り「猫かわいがり」したから

化け猫になってしまった・・・・

猫が子供に化けた・・・・・

子猫が人間の子だと思ってしまった・・・

そこに・・問題が生じた

つまり・・留守にすることで・・・

母に見捨てられた子供の感情が生まれた・・

「母は・・なぜ、私を見捨てたの?」

この疑問が恨みに変った・・・・・」

ここが猫なのだ・・

人間の子ならば・・・母に愛された記憶があり・・

母が帰ってきたら、大喜びするが・・

猫は・・可愛がってもらった記憶が消え、二度と思い出せない

思い出すのは恨みばかり・・・・

だから、時間が経っても恨みは消えない・・・

猫が死ぬか、青年が消えるまで・・・・・・・

恨みとは・・そう言うものだ・・・・・・・・

新たな感情を植付けるまで、猫の態度は変らない



家出娘・不良・ヤクザ・犯罪者はみんな・・・

化け猫の心を持った人達だ・・・・・・



自分が幼いときに、愛されて、可愛がって貰った

記憶を失った人間だった



 
 

問学の勧め!第4話 化け猫(ばけねこ)



4c488721.jpg

「お父さん!”なぜ、勉強しないといけないの?」

それはね!知らないことを知るためだよ!”



なぜ、俺は学問するのだろう?

それはね!見えないものを見るためだよ!”



問学は・・・疑問を解いて納得するもの

学問とはずいぶん違う・・・・・・・・



この前”テレビで猫の話題があり、興味を持った”

内容はこんな話だった

「ある家族から、投書があった。少年が子猫を可愛がって

育てた。しかし、その少年が青年になり、上の学校に行くため、

家を空けた。 しばらくして、家に帰ると・・・

その猫がその青年だけに・・

激しく噛み付き、引っかくようになっていた・・・

そこで、動物と話が出来るという少女が外国から

招待されその家を訪問した」・・・・



少女は・・猫が恨みを抱いていると言い・・・

正常になるまで時間がかかると・・・・・・・



私は疑問を解いた・・・

少女は・・知識と教養が、やはり不足していた

だから”時間がかかると言って、お茶を濁した

解決策が提示できなかった・・・・・



本当の原因は・・

この少年が文字通り「猫かわいがり」したから

化け猫になってしまった・・・・

猫が子供に化けた・・・・・

子猫が人間の子だと思ってしまった・・・

そこに・・問題が生じた

つまり・・留守にすることで・・・

母に見捨てられた子供の感情が生まれた・・

「母は・・なぜ、私を見捨てたの?」

この疑問が恨みに変った・・・・・」

ここが猫なのだ・・

人間の子ならば・・・母に愛された記憶があり・・

母が帰ってきたら、大喜びするが・・

猫は・・可愛がってもらった記憶が消え、二度と思い出せない

思い出すのは恨みばかり・・・・

だから、時間が経っても恨みは消えない・・・

猫が死ぬか、青年が消えるまで・・・・・・・

恨みとは・・そう言うものだ・・・・・・・・

新たな感情を植付けるまで、猫の態度は変らない



家出娘・不良・ヤクザ・犯罪者はみんな・・・

化け猫の心を持った人達だ・・・・・・



自分が幼いときに、愛されて、可愛がって貰った

記憶を失った人間だった





 
 

問学の始め!第3話 結婚して困ること



結婚して、妻を娶って困ること・・

そんなことってある?

何が困るの?・・・・・



まず”困るのが・・妻の浮気・・

死ぬまで惚れてやるの思いが伝わらないと起こる

百年の恋が・・一変に醒める・・・

恋が醒めたら・・鬼の心が目覚めてくる・・

妻が許しを乞えば乞うほど、腹が立つ

努付けば、努付くほど、怒りがこみ上げてくる



しかし・・まだ・・我慢は出来るが・・・

もっと”困るのが妻に逃げられること・・

手の打ちようがない・・



もっと困るのが・・・

妻に寝込まれること・・・

家の中は・・真っ暗・・

看病の時間と金に羽が生える・・・

稼ぐ時間が無くなっていく・・・・

将来の未来が・・消えていく・・・



だから未然に防がねばならないと・・・

知ってる者は30年経っても新婚さんと変らない・・・



こんな常識誰も教えてくれなかった・・・





 
 

問学の始め!結婚”



妻を娶る!”

「この女に惚れて、妻にしたんだ”

後は覚悟を決めて、死ぬまで惚れてやる」

男は決心して結婚する・・・・

惚れた女を妻に出来て、

嬉しい”目出度い”・・・・・

 しかし、妻に出来たら出来たで困ることが起きる!

この事を感じる者と、感じない者と

知ってる者と知らない者とでは・・・・

10年・20年・30年と時間が経てば経つほどその差が開いてくる・・・

妻を娶って・・・何が困る?・・・

不幸は・・・99%の確立で男の無知が原因で生じる



 
 

問学の始め!問学とは独学である



学んでから働く”

働きながら学ぶ!

働いてから学ぶ”

人には3本の別れ道がある。

どの道を歩いても、しっかり学んでさえ居れば・・

同じ結果になる・・・・・問学とは独学である

私が歩いた道は、働いて・・学んでの繰り返しだった。

両親が居ない不幸に貧乏が重なったからだ”

クラスメートはみんな進学したが・・・



大学の夢をあきらめた・・

じいちゃんの寿命が尽きそうだった

現在ならば将学金が有るが・・・

悲しい思いをしてきた・・・・・

大学の夢をあきらめきれず、夜学で入学したが・・

力が尽きた・・・

あきらめて・・就職した・・

26歳で妻を娶った・・・・

男が歴史ならば・・女は運命・・

歴史に運命が絡んで新たな歴史が生まれて来た



女のツボには金と時間と精力が際限なく、吸い込まれる・・

デートした時にこれを感じた・・・

だから・・さっさと求婚した・・・

妻を娶ると・・時間を作り、金は貯め、精もつけてくれる

炊事・洗濯・掃除・・・・・

本来は自分でしなければならぬところ・・してくれる

あまった時間で本を読み始めた・・・



 
 

熱かった名古屋



今年は暑かったね??

といっても、今日も我が部屋は西向き

30度を超えた・・・・

パソコンの前に座りブログを更新する

気力とネタ枯れに書けなかった・・

何を書こうかと思い悩んでいるうちに

カラオケに誘われて・・・

ミイラになってしまった・

歌・・・小説とはまったく別の能力と才能だ

歌で自分の再発見が有った・・・

顔は老けて見られるが、以外に声が若い・・

また、歌う歌に困る・・・

ここ20年カラオケなんか行ったことが無かった

歌も音痴だと思い込んでいたが・・・

以外に歌えるようになってきたから・・不思議だ

それでも最近の歌は無理だ・・難しすぎる

直太郎の独唱桜が85点??

かなり点数が甘い・・また来てとおだてるように・・・

ストレス解消にただ今熱唱中です

裕次郎からはじめましたが・・・・

最近の私でした・・・

1時間290円・・・格安です

はまってます・・・



長いことご無沙汰しました



 
<- 09 2007 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。