世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

中国漁船の乱暴狼藉! 体当たり、今度は沈んだ!!

fcfab_648_PN2010121801000531_-_-_CI0003中国漁船hspace="5" class="pict" />

転覆した中国漁船


【北京・成沢健一】中国外務省の姜瑜(きょうゆ)副報道局長は21日の定例会見で、中国漁船が黄海で韓国海洋警察庁の警備艇に体当たりして転覆した事件について「韓国側に厳正な申し入れをした」と述べ、中国漁船側の損害賠償と当事者の処罰を求めていることを明らかにした。インターネット上では、慎重な対応を見せる中国側への批判も高まっており、強い態度で臨んでいることをアピールした形だ。

 中国政府が公式に反応を示すのは初めて。姜副局長は「事件と現在の朝鮮半島情勢には直接の関係はない」と述べ、事件が半島情勢に影響を及ぼすことを中国側が懸念しているとの見方を否定した。

 事件は韓国が主張する排他的経済水域(EEZ)の中間線よりも韓国側で起きているが、「中韓の漁業協定では両国の船が当該海域での操業ができる。両国の監視部門が自国漁船の違法操業を相互に通報すべきで、相手国の漁船を取り締まる権利はない」との見解を示した。


この方は、中国のニュースを専門に翻訳してるみたいですね
例によって、例のごとく、中国人の常識は、陸地と海には境界がない。
すべては、中国人の為にある。
世界に、境界がない。そんな日が来れば良いが、
それでも、他人の家にずけずけ入って来られれば迷惑ですよね。
これが、この国に住む人間の常識らしい。困ったもんだ。
礼節の国中国が、国民の教育の間違いが、人間の心が貧しくなっている。
この漁船も、漁に必死で、魚のいる韓国領内に入って行く。
原因は、中国領内の魚を乱獲しすぎたことが、理由になっているのだろう。
海にいる魚は、”ただ”いくら取っても”ただ”とらにゃ損”で、隣国とのトラブル増加!
魚も、命、失ったら戻って来ない。人間も魚も動物も植物も、
パンダを保護してるように、魚も育ててほしいものだ。
まだまだ、貧しい中国”トラブルは続くだろうな??

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 
 

したたかな”金正日!!あほな指導者金正日”” いつまでもつかやせ我慢!!


20101218103545-1イ・サンウ国防相「現在の韓国軍では戦争は難しい」…李相禹国防先進化推進委員長)



 北朝鮮は大した兵器を持っていないという楽観論は、11月末の延坪島への北の砲撃で吹き飛んだ。北は170発の砲弾を撃ったが、そのほとんどが標的に当たっていた。北が狙ったのはすべて韓国側の軍事施設だった。北が持っていた延坪島の地図が古かったので、以前は軍の施設だった建物が民家に変わっていたため、民間人に死者が出たのであって、北の砲弾自体は狙ったところに当たっていた(この話は韓国の人に聞いた話なので参考記事のリンクはない)。韓国軍が使うGPSなどを、北朝鮮側が撹乱できることも初めてわかった。北と中露の貿易は自由で、米韓の監視外だから、北はある程度の兵器を手に入れられる。



この記事は田中宇(たなかさかい)氏の記事だ。


この事件で、先任の国防相の首が飛んだ。


油断大敵火がぼうぼう!!


後任の国防相の談話だ、とにかく、韓国軍は北朝鮮の戦力を、


的確にはわからないと公言してるようなものだ。


わざと、噂を流してるのか?本音か?わからない””


確かに、北朝鮮は中・露とは貿易は自由だが、国力がない。


食糧を恵んでもらって。武器を買うってか?


核の開発に金を使い、武器の近代化に金を使う。


その金を稼ぐ産業は? 武器の購入は莫大な資金がいる。


資源はないし、作物の実らない痩せた土地、


兵隊ばかりが強くて、ろくな産業もない。


あほな指導者に3面楚歌、購入した兵器は古くなり、


錆ついてくる。旧式の兵器が北の兵器だが、


それでも、交戦すれば、被害は出る。負け戦はないが、


経済はガタガタ、北も南も共倒れになる。北はとっくに倒れてはいるが。


韓国からは、手が出せない。・・それを見越しての砲撃だ。


全く”したたかな奴だ。金正日めが・・


いつまでもつかやせ我慢””食糧不足で国民が餓死”


最低”最悪の指導者だ!!””



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村



 
<- 12 2010 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。