世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第96話 魏志倭人伝 2 卑弥呼の策略



卑弥呼は難斗米に策を授けた

卑弥呼 「難斗米よ”魏の国は大きい、それに比べて、倭の国

     は小さい。だから、倭の国を大きく見せるために

     わざわざ、遠回りさせて、ゆっくり時間をかけて、

     連れてくるのじゃ」

難斗米 もっと、具体的に教えてよ

卑弥呼 魏の使者をお連れするルートだが、対馬から、志賀島

    それからが問題なのじゃ、まっすぐお連れすれば5日も    あれば

    到着するが、回り道をさせるのじゃ、つまり、九州を一周させる。

    鹿児島の薩摩湾に上陸をして、大分まで陸路で来なさい

    そして、その間にある国で、酒と温泉と女達で接待し

    て、時間を稼ぐのじゃよ

難斗米 酒と温泉と女達で接待して、時間を稼ぐ?

    なぜ?こんなことをするのです?

  

 「ほほほ」卑弥呼は笑った・・意図を難斗米も読みきれぬらしい



卑弥呼 それは幻の国「邪馬台国」の位置を魏に悟られぬため     と、倭の国を大きく見せるためじゃよ。 

難斗米 なるほど”

卑弥呼 女と酒で魏の使者は時間を失う・・・

    失った時間は魏の王に報告は出来まい・・

    だから。使者は、必ずつじつまを合わす必要があるから

    さらに、距離を長く報告をする。

難斗米 なるほど”記録に残った距離はでたらめになる。

卑弥呼 そうだ”お前も楽しんで来い”



いつの世も役人は接待に弱い”酒と女は絶対の効果がある。

男というものは・・・だらしはないからのう”

「ほほほほ?」 卑弥呼は面白そうに笑った。



策を授けられた難斗米は魏に旅立った・・・・


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


ありがとう!”
No title 


ゆっくり待ってますので
No title 


年末から風を引いて大変でした”

やっと、咳が止まり、体調が戻りました。

もう少しで、終わりますが、

最後の最後の表現が難しく、苦慮してます。
No title 


お久しぶりです。

長いお休みでしたね!

また楽しみにしてますよ。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。