世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最終章 卑弥呼の墓



69a89baa.jpg0fad0cbf.jpg678e545d.jpg

卑弥呼の亡骸は、邪馬台国に帰ってきた

「卑弥呼死す」

口コミで九州全土にあっという間に伝わった・・

弔問で人の波は途切れず・・何日も続いた・・

盛大な葬式の儀式の、あとで、埋葬された・・

亡骸は・・・夫と娘の眠る、傍らに永眠した・・

「姉さん”いずれ”俺も行くよ。家族にやっと会えたね”」

難斗米は肩の荷を降ろしたかのようにほっとした

不思議に涙は出なかった・・

「寿命が尽きるまで・・健康」・・・

生きとし、生きる者の願いだ・・・理想的な死だ・・・



数日後・・・・

難斗米は百人の奴婢を集めた・・

魏から持ち帰った銅鏡の入った包みを開いた・・

鏡を一枚、また、一枚と奴婢に持たせた・・

「良いか!”決して、命令のあるまで、裏を見てはならぬ!”

 裏は、鏡という”・・鏡は自分の顔が写る!”

  全員”裏返せ”自分の顔を見ろ”」

難斗米は命令した・・・・

奴婢たちは恐る恐る・・従った・・・

難斗米「良いか”鏡は人の魂を吸い取る”

    お前達は卑弥呼様を慕っている”

    尊敬の念を忘れぬ限り、災いは決して起こらぬ

    卑弥呼様は慈悲深いお方だった・・・

    人の命を救って、救って、救いまくった

    お前達も、その一人であろう・・・・

    呪いなんか掛かりはしない!”安心しろ

    この鏡は、お前達の尊敬の念のこもった鏡だ

    卑弥呼様に永遠の供をしていただく・・・・

    お前達の身代わりとして・・・・

    決して”掘り起こしては罰が当るぞ”・・良いな”」

そして・・うわさを流した・・百人の奴婢を殺してお供をさせたと・・

宝物の盗掘を防ぐ為に流したうわさだった・・・

未来に残す貴重な財産

邪馬台国の位置を示す場所の証拠に・・・

魏の軍旗も一緒に埋められた・・・・・

そして、場所を示す金印・・洛陽と志賀島を結んだ直線を

延長したら・・宇佐神宮だった



月日がめぐり・・・大和朝廷が社を建てた・・・

社の名は・・宇佐神宮・・

全国にある八幡宮の総本山だ・・・

祭神は・・神宮皇后・一姫・・応神天皇を祭る・・

妻が神宮皇后だから、夫は天皇だ・・・・

卑弥呼の不思議な能力は・・天界から夫が教えていたに違いない

夫婦の心は・・・この世とあの世をつなぐから・・

妻の問いに応じた夫・・・応神天皇と命名された・・・

魂は・・・先祖に・・伊勢神宮

心は・・・子孫に・・宇佐神宮

我が身は・・国家に捧ぐ・・・これが天皇のミコトノリだった

宇佐神宮の広大な敷地と共に、代々の墓守は・・

難斗米の子孫が命を受けた・・



銅鏡は・・・・百体神社の地下に今も眠っている

今から・・千七百五十年前の出来事だった・・・



写真は

左から 宇佐神宮

真ん中 卑弥呼・一姫(娘)応神天皇(夫)}{レプリカ}

右端  百体神社・・宇佐神宮の末社




スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


ありがとうございました!

楽しく分かりやすく拝見させていただきました。

卑弥呼は私の心に大きく残りました
No title 


また来てね”
No title 


ぉ初一ノ蔵ヒナコですぁしぁとから来ました

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。