世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第二話 トンボの眼鏡に叶った息子達 その一



767202b3.jpgbf2623c0.jpg

もう”あの日から時が12子を一回りした・・

息子も既に24歳になって、社会人となり働いている。

小学生で6年生の最後の夏休みだった・・・

この日は法事で、妻と義母が朝早く出かけた・・・

私に・・「留守と子供をお願い」と言って・・・

10時ごろ、私は犬の散歩で1時間ぐらい近所を

散歩して我が家へ帰り着いた・・・・・

門扉をあけようとしたとき・・・息子の声がした

「お父さ?ん・お父さ?ん・」・・

私は振り向いて・・「なんだい”峰(たか)ちゃん」

と返事を返した・・すると息子は・・・

「トンボがね”僕の指に止まるんだよ」

その言葉を聴いて・・「そりゃ?すごい”やって見せて」

と言って、息子から10mぐらい離れたポーチの階段に座って

息子のこれからする事を興味を持って眺めた・・

息子は、半ズボンにランニングシャツ、運動靴に麦藁帽子・・

手には主取り網をもち、肩から虫籠を下げていた・・

どこから見ても・・腕白坊主だ・・・

その腕白坊主が空を見上げて・・・「来た”」・・・

すると・・塩からトンボがかなりの上空を飛んできた・・

すると、息子はトンボに合図を送った・・手に持っていた

白い虫取り網を左右に大きく振った・・・

すると、トンボが気がついた・・・大きく方向を変え・・

息子の正面に・・ピタッと止まった


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


まだ、この後の話を楽しみにね!

続きがあるから・・
No title 


息子さんとトンボはお話ができたのね

 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。