世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第十四話 金の切れ目が縁の切れ目



男と女の縁は「金の切れ目が縁の切れ目」という

確かに女にとって金は男以上の執着を感じる。

「目先の生活が何よりも大事」この感覚が、崩れたら・・

女は狂う・・・

夢では飯は食えぬとしっかり現実を見てる・

男は・・何とかなるさ・・明日は明日の風が吹く・・

この感覚のずれが・・夫婦喧嘩になる・・

さすがに私も参った・・・

年収は3年以上入ってこない・・貯金と保険まで解約・・

足らずに借金・・・借りた金は返せん・・・

女房の尻に火がつくのは・・当たり前だ・・

「ただいま??」・・私の声を聞いただけで・・

「極楽トンボが帰ってきた」・・カ?と頭に血が上る・・

この繰り返し・・・夫婦喧嘩が絶えなかった・・・

夫婦喧嘩に・・子供達も心を痛めていた・・

私を救ったのが・・長男・・子はカスガイと言うが

この子に氏神様が舞い降りた・・・

長男が「お父さんは、今、何か考えてるから

    おかあさん”もう少し待ってあげて」

この一言で・・・妻の頭から血の気が引いていくのが解った

「あ??”これが喧嘩の仲裁は時の氏神と言うが、これが

 その、極意か!”これは使える・すごいものが手に入った」

・・悟った・・・

大きな怒りの後は深い悲しみが襲う・・・

俗に”怒った後の泣き落とし・・女の常套手段だ・・

どうも”女は体内エネルギーが少ないから、怒りは、長く

持たないらしい。すぐに悲しみに変るみたいだ・・

私の曲がったネクタイを直しながら、

「あんたは”こんなことに夢中になったら、仕事も、家庭も、

 ほっぽりだす”のだから・・貴方には妻と子供が居ることを

 忘れないで・・・」涙を流しながらこう言った・・

「おれは”家庭も子も忘れたわけじゃない。私の目の前を、

 2匹のウサギが交差した、迷わず”大きなウサギを追いかけ  た。このウサギ、近づけば、近づくほど大きくなって、つかめ られん、だが、もう”これ以上は無理だ・・あきらめはしない が、働かねばなるまい」・・・また、働き出した・・

借金は妻の兄の保証人で銀行で借り入れ・・金利の高いものを

清算し・返金のローンを組んだ・・毎月36万の返金だった

それでも妻は

「一戸建ての家に住み、クラウンに乗って、二人の子は

 私学に通って、ヨークシャテリアを2匹も飼うて、

 熱帯魚も飼育して、台所は火の車」はははは?笑っていた

最大のピンチだった・・・

良く払えたな??妻の姉妹のお陰・・・・

使った金が・・飲む・打つ・買うに消費しなかったことが・・

縁が切れなかった・・

女は苦労するたび強くなる・・男も一同じか・・



金の切れ目が縁の切れ目・・・この時が愛の深さを試される時だ




スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


はいはい”もう”頭が上がりません!

功名乗りを遂げるまでは!
No title 


ちゃんと奥様のことを認めているのは素敵ですね。
No title 


飲む”打つ”買う”・・だったら・・逃げられた・・・

いや・・追い出された・・・

でもね・・楽しい思いをいっぱいさせてましたから・・

離婚の・・「り」の字も出なかったです・・やれやれ・・・

しかし・・良く”ローンを払えたな??

妻の・・内助の功でした・・
No title 


そうですね!金の切れ目が縁の切れ目...。

子供さんの一言がなかったらどうなっていたことか...。

人生の岐路でしたね

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。