世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第7話 卑弥呼の黄泉返り 前編



卑弥呼は深い眠りから、目が覚めた。

目が覚めたとき、弟の顔があった。

「姉さん!死なないでよ!俺を残して、死なないで!

姉さんが死んだら、今度は俺が一人ぽっちになるじゃないか」

身内を失った悲しみは卑弥呼には痛いほど良く解った。

弟に二度と自殺をしないと約束はしたが、

弟の必死の説得にも、心が動かない。

まだ、生きていく、気力が湧いてこない。

数日が過ぎた・・・・

「会いたい!会いたい!優しかった夫に会いたい!

どうしても!会いたい!!」

卑弥呼は意を決して、夫の墓まで出かけた。

そして、夫の墓を掘り起こし始めた!


スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。