世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第二十四話 奇跡が起こった後日談



fecec3b5.jpg

命拾いした鳶工が出勤してきた・・・

生々しい傷跡を見せてもらった・・・

手の甲から、電流は流れ込み・・・

肩と尻から外に流れ出た・・・・

一生懸命に働いた、明かしにかいた汗が命を救った・

電流は心臓を通過することなく、後遺症が残らなかった。

手の甲には大きな穴が出来ていた・・・

肩はやけどが広がっていた・・・

さすがに尻は見せてもらえなかった・・・

不思議に・・落下で衝撃を受けたはずが・・打撲根は無かった・

不思議だ・・実に不思議だった・・・

少なくとも10mを超える高さから、アスファルトの上に落ちた

骨折の一つや二つあるはずが・・・どこにも無い・・・

ふわりと・・・・軟着陸をした・・・・・そんな馬鹿な・・・

しかし・・・・現実に生じていた・・・



この鳶工は、毎年夏になると狂っていた・・体の調子が悪くなり

長期の休暇を取っていた・・・が・・病気が治った・・・

それ以来、夏にも体調を崩すことなく勤めだした・・



鯛は・・・・・・・・神への捧げ物・・

めでたい・・・・・・タダの語呂合わせでは無かった

豊かな感情を持ち・・・・・・・

力強い生命力を持ち・・・・・

人間の象徴のような魚だった・・・

願い事・・危険を・・かわすように・・

先祖は・・・・人間の身替わりとして神に捧げていたのかも・・


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


はははははは???だよね!”
No title 


10mの落下で異常がないのは不思議ですね。

鯛はやはりただ者ではない...。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。