世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第二十七話 哲人の哲学



動物の世界は・・・

 弱いものが、強いものに従う・・・

人間の世界は・・・

 馬鹿は天才には逆らえない・・・・



ヒットラーは天才だった・・・が・・

ヒットラーの不幸は・・スターリンが天才だと認めなかったこと

スターリンも天才だった・・・

彼の世界戦略は・・・・

部下に才能を求めなかった・・・

侵略した、衛星国の指導者を・・馬鹿を選んだ・・・

選ばれた国は不幸だった・・・

最たる見本が北朝鮮・・・・・

当時”朝鮮には優秀な指導者が大勢居たが・・馬鹿を選んだ・・

それが・・金日成・・・

自己顕示欲が強く・自分勝手で・教養の無い、平気で人を殺す・・

残忍な男を選んだ・・・

時間が経てばたつほど、他国との差が開いてくる



経営者は・・

  砂漠に降り立ったとき、水のある方向を嗅ぎ分ける

指導者は・・・

  砂漠に降り立ったとき、足元を掘れば水が出る




スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


指導者についてく方が

楽ですよね・・・・・・・

現在の政治家は・・・・・経営者ですね!”””
No title 


経営者と指導者の違いが...。

なるほどね

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。