世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第三十話 戦争の呪い!”



実家は製材業をしていた・・祖父母のがんばりで繁盛していた・・ そして・・父が引き上げてきた・・・・

予科練に入隊した時と、戦争が終わった時の父は別人だった・・・

家業を一生懸命に手伝った父は・・・・・

すっかり・・放蕩息子に変っていた・・・・

仕事は手伝わないし・・

集金した金を持ち出しては遊びに明け暮れた・・・・

来る日も、来る日も・・繰り返した・・・・・・・・

困った祖父母が・・相談した・・・・

「嫁を持たせ、子供が生まれ、その子を可愛がれば・・

 きっと、戦争の呪いも、解けるだろう」と・・・・・

男の心の傷を癒すのは・・女しか”薬はない・・・

だから、嫁を探した・・・・・

そして・・・見つかった・・・

大分高女出の才媛の美人を見つけた・・それが私の母だった・・

2年が過ぎ・・・姉が生まれ・・

さらに3年が過ぎて・・・私が生まれた・・・・

しかし、父の行状は・・一向に止まらない・・・

私が、生まれて・・・まもなく、再び戦争の影が覆った

朝鮮動乱だ・・・・・・

心の傷が・・癒え様とし始めたときに・・・また傷が開いた・

3年後・・我が家を・・・不運が襲った・・

度重なるインフレで・・物価の上昇が激しく・・・

人の良い祖父は・・なかなか値上げを言い出せず・・

逆ざさになって、家計は苦しくなっていった・・・

さらに、祖父がだまされ・・保証人になり・・・・

工場も、家も、屋敷も・・・・騙し取られた・・・


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


商売は難しい・・・

時代の変動が有ればなお”

値を上げれば売れず

下げれば赤字・・・・

必ず・・いつか・・限界が来る・・・
No title 


家業を継いでいく事って本当に難しいですよね。

3代続けて行く事も大変て言いますからね。

親戚の木工所も2代目で破産して大変だった事がありました。

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。