世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第18話 運命の出会い その2



大広間で卑弥呼は待たされた。

いつの間にか、中央の卑弥呼の両側に、側近の者達が、

ズラ?とならんで座っていた。彼らも、評判の神がかり、

女性の卑弥呼の見学に来ていたのだった。

「お前を呼んだのは私だ、わしの孫の病を治してくれ、

その前に、聞きたい!なぜ?そのような力を授かったのか?」

「それは、私にもわかりません。それがわかれば、私と同じ能力を教育すれば持てるでしょう」

「神の気まぐれか?。まず、治療をしてくれ」

私に治せるかわかりませぬが、やってみましょう。お孫様の所へ案内してください」

「ついて参れ!」

天子は孫の寝所へ歩き出した。

南向きの明るい一室に3歳の男の子が寝かされていた。

青白い顔色から、いかにも病弱でいたいけな子だった。

「病を治して欲しいというのはこの子なのですね」

天子に問いかけた。

「そうだ!治せるか?」

「やってみましょう」

卑弥呼は早速診察を始めた。

この子の症状は奇病でない。同じ症例を九州で見てきた。

食料事情の悪い、貧乏人の子に良く出る症状だ。

日本の王と呼ばれる皇室になぜこんな病が出るのかと、不思議に思った。

「どうだ?病は治るか?」

心配そうにたずねた。

「おそらく、半年もすれば回復するでしょう」

卑弥呼は子供を裸にして、全身をさすりだした。特に、膝の周りを念入りにさすった。たたいて、揉んで、掴んで、背中と腰とツボを押し、足を伸ばした」

母親の乳の出が悪く、栄養不老から来る胃腸の弱さが、すべての原因だった。

やがて、子供は見る見る元気になった。

そして、卑弥呼のすっかりなついていた。

奈良の都について半年が過ぎていた。

いよいよ、別れが近づいた


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


手から気がでているんですね。

分かれてしまうのでしょうか?

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。