世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

番外編 小沢一郎”



caac1bd0.jpg91b8221a.jpgc192933d.jpg

   小沢一郎   皇民党の名古屋支部の街宣車   竹下登





この男・・瞬間湯沸かし器みたいに・・感情が爆発する・・

いつから・・こんな感情が育ったのか?・・・



おそらく・・皇民党事件が発端だろう・・・

随分昔になるので覚えているだろうか・・

例の・・誉め殺し・・・・

「日本一金儲けのうまい”竹下さんを総理にしよう」・・・・

嬉しいはずの応援が・・ヤクザならぬ右翼ではな??

「困った”困った”」で鳩首会談・・・・

竹下登と金丸信と小沢一郎がとあるホテルで・・密談・・



そこを・・小沢一郎が疑われ・・

国会で・・証人喚問を受けた・・・・



「私は灰皿と・・水割りを作っただけ・・・」



「疑いは晴れた・・」

「疑惑は深まった」

「まったく”真相は闇の中」



三者三様の国会議員の弁だった・・・



しかし、・・・私の目はごまかせない・・

タバコの吸殻が増えた所に心身の苛立ちが現れ・・

水割りのグラスが足らなくなったところに

苦悩の色が見える」



結局・・皇民党の対策に良い智恵が出なかった・・・



小沢は思った

「こんな馬鹿な年寄りが政権を握っているのか・」

 自民党を見限った・・最大の理由だろう・・



しかし・・思ったことと実行とに大きな違いがある・・

創ってはつぶし・・の繰り返し・・未だならず・・・・



我慢しとけば・・総理の椅子に座って・・

今頃は・・楽隠居だったが・・・



過ぎ去った時間と言葉は・・戻らない・・撤回しても・・

「神輿は軽くて、馬鹿が良い」・・迷言・・・・・・・・



担がれた、今の自分は重すぎる”?

だから・・降りようとしたのだよ・・・きっと”!

   」


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


「皆がそこまで言うならもう一度やろう」

と結局元の鞘に納まってしまった。

なんだ最初から茶番だったのか!

やっぱり相当なタヌキだった!!
No title 


そうなんですか?。

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。