世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

革命を起こそう!!

nihonnsyoki



第6話

 イワナガヒメの呪い

この咲くや此花の姫とイワナガ姫の話の出展は古事記だ。

この話を編纂して書き直して記されているのが日本書紀。

それが、

現在まで伝えられた。

日本書紀を編纂した人物が舎人親王(とねり)



 {天武天皇の皇子(676?735)。博学聡敏。持統 

天皇の時に太安万侶らとともに「日本書紀」を撰進。

知太政官事となって政治を指導した。」



 舎人親王は、この寓話を当然、父(天武天皇)にも見せたでしょう。

すると「何故?こんな不吉な話を書くのだ!”」

と舎人親王をしかりつけるはずだ・・・

その時・・舎人親王はなんと答えたのだろうか?

父と天皇・・取り巻きの知識人・・を納得させた

その答弁を私は聞きたい・・・・・・・



きっと・・危機に陥ったとき・・

神の心に気づくと・・

この話は絶対に必要なのです・・・と



そんな”気がする・・・



この話が・・時代を告げる・・それが現在だと

その・・・理由が・・

皇室に・・不思議と・・・・・

現皇太子以後の皇位継承権を持つ男子は・・・

生まれてきた子どもは・・・・8人の娘・・・

秋篠宮家に・・9人目に男の子がやっと生まれた

皇位継承権・・・たった一人の皇子・

{悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年9月6日}



おや?・・・と因縁めいた時間が長かったから
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。