世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

邪馬台国 女王 卑弥呼 場面 3



大分県宇佐市




宇佐八幡宮・・神宮皇后と一姫と応神天皇を祭っている

きわめて・・不自然な社である・・それもそのはず・・



シ??ン3  卑弥呼の自殺



「もう”生きてても仕方がない」

生きていく気力を失った卑弥呼はフラフラ?と立ち上がった

住み家を出て、あてもなくさ迷い川に出た



石を袖に貯めて、川の深みに入って行った、

河底の石が体をこすり、流れが体を運ぶ・・



気が、薄れ、何も、浮かばなくなった・・



どれほど・・時が経ったのだろうか

姉の不在に弟が気がついた。

そして、探した

川を流れていく、女が発見され・・

救出されたが、すでに、心臓は動きを止めていた。



弟は、姉の亡骸と対面するや、号泣した。

一人ぼっちのさみしさ・・・この恐怖

「姉はこんな気持ちだったのか」

やっと、姉の心に気がついたが・・遅かった”



姉の骸を担ぎ連れ帰った。

夜になり、真っ暗な闇が包んでも、まんじりともせず

姉の亡骸を見つめ続けた。

闇が薄れ、うっすらと東の空が明るくなった。

「難斗無(ナシム)」と声がする。

その声は姉の声だ。

疲れが、眠気をいつの間にか誘っていた。

声が・・姉の・・声が聞こえたような気がした・・

すると、姉の、心臓の動く音が聞こえた

「ドクン・ドクン」力強い鼓動が戻ってきた。



「生き返った」

奇跡が起きた・・卑弥呼は蘇ったのだった

「ねえさん?もう死なないで””」

弟は必死に姉にすがった・・



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村





大分県 宇佐市
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。