世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第一話  60歳のオーディション



第一話  60歳のオーディション 


本日還暦を迎えた。その前日の日曜日にオーデションを受けた


シニアタレント募集を見つけ、応募して、一次審査を合格”


ま?大概合格し資金集めかもと思いつつ出かけた。


「あんた”タレントになって何すんの?」女房と息子の質問が、そのまま、審査員の質問になった、


この年になると、知識と教養が最大の武器しかない。しかし、普通の知識程度では売れない。そこを見越して研究してきた事がある。誰よりも深く、深く勉強した。苦節20年”私の建築施工業が表の顔”だとすれば、裏稼業が自費での研究”だった


「働けど”働けど”わが暮らし、楽にならざり、


   じっと手を見る」・・・石川啄木の心だ・・・


彼も天の声を聞いたのだ!そして、その答えを見つけた。


その答えは「手だった」。


私も、自分の手をしげしげと見つめると涙が出てくる。


「あ?”ゴッドハンドと呼ばれた空手家のような逞しさもない、さりとて、名工”左甚五郎の吾人のように器用さもない。ぶきっちょで、ひ弱な私のこの手が原因だ!だから、手を使わずに生きていける道を探さねば!」・・・と悟った。


 この日から、「脳みそを”鍛え始めた!」・・


「一級建築士と司法書士と土地家屋調査士の資格を一辺に取る」さらに「同期に遅れること15年を1年で取り返してやる」と決心し猛勉強を始めた。


すると”数ヶ月経つと、脳に異変が起きた。


「湯で卵を剥いたとき全体を覆っている透明の薄い膜がある。その幕が”パチン”と弾けたような気がした」


そう”もじとうり”一皮むけたのだ!!


下半身の血液が脳に流れ込むと血圧が下がる・・


135hgが95まで下がる・・・この低血圧がしばらく続いた。この低血圧は病気ではない。


血液を頭蓋骨の外に集めれば血圧は250hgまで上がる。


そう”猛勉強は、無駄には成らず、思わぬ副産物が生まれたのだ。血圧を随意に上げ下げが可能になった。


特に血圧を下げる。これが「座禅の極意なのだ。座禅は漫然と胡坐をくむだけではない”脳に血を送り、血圧を下げる効果が極意なのだ」・・と悟った


スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。