世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

正月早々”物騒な記事



2011年01月01日10時24分


提供:朝鮮日報1ツイート .. 北朝鮮とイランが、協力して共同核実験を行う可能性があるという主張が、元CIA要員から提起された。



 「レザ・カリリ」と名乗っている元CIA(米中央情報局)イラン担当諜報員は12月30日、FOXニュース電子版への寄稿文で、「イラン内部報告」を引用し、「北朝鮮が、イランからかなりの規模の財政支援を受ける代価として、両国が北朝鮮で共同核実験を行うことで合意し、このためイランの核化学者が北朝鮮に派遣された」と記した。



 レザ・カリリ氏は、「北朝鮮は、自国がかつて行った核実験の情報をイランと共有し、イランのP2型遠心分離器開発も支援した。北朝鮮とイランは、核兵器を搭載した弾道ミサイルを兵器化できる能力を備えるまで、秘密裏に協力を継続するだろう」との見込みを示した。



 またレザ・カリリ氏は、「北朝鮮の次の核実験が予想されるという状況は、北朝鮮とイランの核開発を阻止しようとしている米国にとって、あまり時間が残っていないことを示している。米国は間もなく、イランが核兵器を保有し、北朝鮮とイランが核ミサイル・システムを備えるという衝撃的な現実に直面することになるだろう」と語った。



ワシントン=イム・ミンヒョク特派員



正月早々”物騒な記事が飛んでるね??


馬鹿な国が二つ”いまどき核兵器だって”


この二つの国は、いったい何を恐れてるんだろうね”


対”アメリカが怖いのか?


民主主義を知らない国にとって、アメリカは恐怖の国に見えるのだろうね”!


確かに”アメリカは大国で、戦争が強く”平気で人を殺す。


でも、まだ”先に手を出さなければ”武力を行使しなければ、


話し合いで解決しようと努力はする国だ。


いまさら”核兵器を持っても、焼け石に水だろうに”


この兵器だけは、爆心地だけが被害に遭う物でないほど、協力になりすぎている


たった1発の暴発で、世界が危うくなる可能性もある。


くれぐれも”おもちゃにはしないでくれと”


願うしかないか・・・



にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
にほんブログ村



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。