世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第40話 イザナギの最後



イザナギは立ち直った。

再び、稲穂を持って、巡業を始めた。

山陰から、九州へ、小倉から福岡

福岡から筑紫へ、

筑紫から熊本へ

熊本から大分へ

大分から宮崎へ

この宮崎で寿命が尽きた。

「心残りだ、鹿児島と熊本では稲穂が実らなかった」

当然だ、この地方には、豊富な火山灰が降り積もっている。

この砂は、栄養分がなったくない。

最後の最後まで統一できなかった場所だった。

熊本地方を熊襲(くまそ)といい

鹿児島を隼人(はやと)族と呼んだ。

イザナギの亡骸は、九州を一望できるようにと、

高千穂の峰に祭られた。

後に高天原族と呼ばれた。

子供達が相談した。この後をどうするかと。

二人の兄は年を取りすぎたと、

「九州に残る」と

したがって、父の後を末っ子が継いだ。

そして、神武東征が始まった。

稲穂の道だ。


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


hnder2005さん”訪問とご意見ありがとう!

それが、今回の小説のテーマの一つです。

未来の映像を見ることが出来る能力を持っていたと仮定すれば、

当然、過去も知ることが出来るでしょう。

その能力を持っていた人物が「邪馬台国の女王・卑弥呼」だと

思い、今回”「卑弥呼の書古事記」の内容を噛み砕いて筆記してる最中です。

そう少し先に、いや、これから縄文の世界を書くつもりです。

最後まで読んでくれれば、理解できると思います。
No title 


茶の湯の本に縄文時代の日本の土器は世界中の中でも特筆すべきものとありました 話は飛びますが 上古の日本はかたかむなの文化があり 世界の中心だったと 楢崎 博士の本にもありました それから類推すると1万年前日本にはすばらしい文化が栄えていたのではないかと お考えを聴かせてください
No title 


追伸 

神武と言うのは神様の武器=米=智恵の実のことです
No title 


間違い200年ー2千年
No title 


ronさん、訪問ありがとう!いい質問です。

縄文時代・・・陸穂

弥生時代・・・水穂

日本を統一した根本は米の栽培技術を握った人物・・天皇

弥生時代の創始者はニニギの尊=神武天皇

米ですから取りこぼしはまったく同じ

大和武尊(ヤマトタケル)は弥生時代の話ですね。

歴史の違いの根本がここにあるのです。

大和武尊は女に化けて熊襲の主を殺しました。

これが暴力・殺人・戦い・戦争と繋がります。

だから200年で現在の科学技術が発達しました。

縄文では7000年かかっているのです。

この時間の違いが、平和と戦争の違いなのです。

歴史はすべて正しいのです。

おくが深いです。指導者は常に神を感じてる(心正しき者)でしょうね
No title 


2年前に高千穂の天岩戸神社へ行ってきました。

不思議な光景がたくさんありました。
No title 


この取りこぼしは日本武尊に持ち越される訳ですか!?

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。