世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第42話 時の行者



智恵の実が実り、人口が増えた。

そこで、国造りが始まった。

 稲造りで忙しかったイザナミは、国という概念を

まったく持っていなかったが、オオクニヌシと出会って、

知りえた知識だった。

この知識が役にたった。

畑の開墾、麦・粟・稗・野菜等の栽培を始めた。

農業立国を目指した。

食料の貯蔵庫の建設、住宅・水路の建設、忙しく働いた。

たった一世代でここまで違うものか、天才は凄い!

やがて、卑弥呼は時を遡り始めた。

この平和な国家がなぜ?消滅した?

その光景を探しに”

建国から千年が過ぎた。

「何が変わった?大して変わってはいないようだ。

土器が増えたかな?」

そんな程度だった。

2年過ぎた。何が変わった?

「ウ?ム、何も変わっとらん。人口が少し増えた。ぐらいかな」

3千年過ぎた。

「何が変わった?ほう!貿易が始まっとる。」

土器に種籾・小麦・粟・稗・野菜の種」を入れて海を渡った

朝鮮半島から中国大陸へ!

「なんと、米は大陸から伝わったのではないのか。倭の国から出て行ったのか。フ?ム」

では、次の千年先はどうだ?

「何が変わった?」

「おや?銅が発見されている。鉄もある。農機具が木から鉄に変わっておる」

「米はどうだ。さすがに千年も経つと、世界に広がっておる。コメは地球を一回りしていた。なんと!世界は丸いのか”

実に!不思議なことだ」






















スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。