世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第47話 滅びの笛 第一期 世界災害



縄文王国を襲った、「第一次世界災害」は民族大移動を起こし、

統一国家がばらばらになり、民族が最小単位と成り、

民族毎に国家を成立せしめ、偶然に浮上した、アメリカ大陸を

発見し、余剰の人口は移住でしのいだ。

人類は最も最善の方法でこの災害を乗り切った。

やがて来る、第二次の災害かくる間の、つかの間の平穏が訪れた。

この平和は、人間の持つ無限の能力が花開く下地となった。

次々と天才が現れては消えていった。

天才は時代を開き、導いていった。

芸術に花開き・音楽の音色は人を酔わせ。

科学の発見は人類に夢を見させた。

火薬と羅針盤と凸版印刷は、歴史を変えた。

人間は夢を見る。

そして、夢を叶えようと努力を始める。

夢を叶えるには、工夫がいる。さらに工夫し、

もう一工夫必要なのだ。

海を自由に航海したい!この心が羅針盤を産んだ。

私の本を多くの人に読んでもらいたい、この心が凸版印刷を産んだ。

はて!火薬はなぜ生まれたの?

鉄砲に使われた火薬。どんな心が産んだのか?

誰も望んではいない子供、不幸を呼ぶ子

薬を調合していた人物が生んだ、偶然の産物だった。



「人類よ!急げ急げ!次の大災害が来るまでに」と

卑弥呼は念じた。


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


急ぐのは科学技術の習得
No title 


何を急ぐの?夢を叶える事?

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。