世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第65話 滅びの笛 黄金の曼荼羅 2



南極では季節は春これから夏に向かう。

人類の命運をかけた史上最高の作戦が開始された。

世界中から作戦に参加してきた。

作戦に参加した軍艦、輸送船は数万隻、航空機、

ヘリコプター2千機、垂直離陸ジェット戦闘機1千機、

運搬した空母3百隻

兵員20万人、核爆弾5千発、さらに余った核兵器の

すべてが集められた。

 地上の中央の5箇所のポイントには地下1千mの穴を堀り始めた。核地雷を埋めるために。

ヘリコプターには特攻機を思い起こされるように、核を

胴体に装着した。じっと戦闘機にも取り付けた。

パイロットはコンピュータだ。

ヘリにもジェット機にも1台1台、違うポイントが

プログラムされた。

緯度、経度、高度の重要ポイントだ。

最後の人間が脱出する最高スピードの戦闘機が

10機が5箇所に配備された。

チリまで行くもの、ニュージーランドまで逃げるもの、

脱出ルートを確認した

作戦の準備は整った。

冬が来る前に実践できなければ、

すべて、氷の中に消える。

兵隊達は出動の命令を待った。


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


成功するのでしょうかねー?

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。