世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第70話 滅びの笛 ノアの洪水 1



物凄い地震だった。

海岸地帯は全滅した。

山間のダムは壊れ、川が鉄砲水で町を襲う

それでも人間は生き残る。

帝「いったい”何が起きた?」

武「いままで考えられていた、地球の内部構造が

  まったく違っていたのです」

帝「ふ?むそれにしても地球は人知を超えているわ、

  これで、災害はすべて終わったのか?」

武「最悪の事態です。恐れたことが、起きた模様です」

帝「なに?”どういうことだ、今度は何が起こる”

  それが解るだけでも救いになる。

  しかし、もう!国民に知らせるすべは無いが、

  それでも知りたい”申せ!」

武「申し上げます。最悪の事態です。天からあの南極の氷が落  ちて参ります。」

帝「なぜだ?」

武「氷の衛星の軌道が変ったからです」

帝「起動が変った?」

武「はい”自転が反転したことにより、重力の方向が

  一瞬揺らぎましたゆえに、起動が円から楕円に

  楕円からまた円に戻りました。」

帝「それで、どうなった?」

武「もう、確かめる機械もありませんから、推測です。

  氷が楕円になったとき半分が太陽の軌道になり、

  半分が軌道が小さくなり、小さくなった衛星の

  スピード不足のため落下を始めます。」

帝「それで?」

武「海面が60m上昇します。」

帝「助かる方法は無いのか?」

武「40日落下が続きます。この40日を乗り切れば・・」

帝「40日か、落下が始まるのは、いつからだ」

武「およそ、30日後です」

帝「30日の余裕か」

武「生き残った者を集めて、あの山の中腹に穴を掘り、

  防空壕を造りましょう。食料と水と明かりを集めて

  40日耐えましょう。

  建設機械の使える物を見つけて、掘りましょう。

  30日あれば可能でしょう。

  八重垣造って妻込めを造るのです。

帝「やってみよう」

生き残る努力を始めた。


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


なるほどー!
No title 


「家族を守るために、身を隠す場所を造る」

という意味です
No title 


妻込めって何?

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。