世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第85話 諸世紀



895a2932.jpg

彼は旅に出ていた、

やがて、久しぶりに故郷にたどり着いた

待っているはずの、妻と息子の姿は無かった

流行病で死んでしまった。

愛する妻と息子を失って、生きる気力を失った。

食事が、喉を通らない・・・

見る見る、やせ細った・・・・

彼もまた「黄泉の国」をさまよった。

やがて彼の、命の火が消えようと誰もが思った・・

しかし、神は見捨てなかった

一瞬のひらめきが出口を照らした

一瞬のひらめきが、生きる気力を取り戻した

「病気で戦いで、簡単に失われる人の命の

 はかなさに、未来をあるのだろうか?

 未来を見たいと願った」

彼は神に祈り続けた・・・

そして、願いがかなった。

器に入れた水面にさざなみが立ち、

見知らぬ光景が移り始めた

夢中で未来を見続けた・・・

面白くて・・

面白くて・・・

30年の時が過ぎた

そして、発見した・・・

不思議な本・・・諸世紀・・・

「わしは、本なぞ書いていないのにわしの本がある?」

そして、写教ならぬ写本をはじめた




スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。