世の為、ひとの為

世の為、ひとの為

私利私欲・党利党略・主義主張を超える理論は、 世の為・人の為がそれである。 法律をも超える事が出来る。 手柄を立てるには、世の為人の為という、 善意と思いやりがなければ、輝かしい功績は残せない

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

第86話 ノストラダムスの予言



8ae884de.jpg40f0762b.jpg

彼は、なぜ?予言を、解りにくい4行詩で

書き残したのだろうか?

この答えは、彼の「腹の中・胸の内・心の中」を

覗ければ答えがでる。

諸世紀の本の言葉を解釈するより、

心を読む方が手っ取り早い”

彼の心の中は?

「”この予言を、一番正しく解釈した者が世界を握る”」

これは1%のひらめきだった”

しかし、良く考えれば当たり前だ・・・

未来が見えれば、人を救えるし、大金持ちにもなれる。

たとえ”5分先でも・・・・・

さらに、文中の中にメッセージを見つけた。

「”たった一人で、世界を統一できる。 だから、やってごらん、

この書は、そのために書いた応援歌ですよ”」・・・・・

本当かな?・・・・・・・・・・

下記の4行詩は、彼を有名にした文章だ”



L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois,



Du ciel viendra un grand Roy d'effrayeur:



Resusciter le grand Roy d'Angolmois,



Avant apres Mars regner par bonheur.

一九九九年 七の月



空から恐怖の大王が降ってくるだろう



アンゴルモアの大王を復活させるために



その前後 マルスは幸福の名のもとに支配するだろう



空から降ってくるものは、天災と天才

天才は人間のことで、赤ん坊は天からの授かり者

恐怖・・・恐れる者と怖れられる者

アンゴルモアの大王・・・・・

モンゴルの王といえばジンギスカ?ン

しかし、アンモンゴルだから、

モンゴル人ではないが、モンゴロイドつまり日本人

アンモンゴルの大王だから、大王ではなく一庶民

アンモンゴルの大王だから武力を使わず知力を使う

マルスは火星だが真実は月だった



さて、上記の部分を総合的に解釈すると

1999年7月から生まれる

縄文が滅んだ理由の、自然の猛威が繰り返してきたが、

それに、呼応するように、(神の使い)天才が復活してくる

月を動かし、地球を平和にする。



続く


スポンサーサイト

 
 

Comments

No title 


はい!信じてますよ。
No title 


真実を掴んだ人物が天下を取る”

現在の天下取りだよ!

だから、大勢の男が夢中になる。

世界のトップに躍り出る。

世界をリードする、貴重な情報と技術が詰まっている
No title 


これにはたくさんの色んな人の解釈の仕方で

内容が変わってしまうんですよね。

真実は何なのでしょう?

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

日本太公望

Author:日本太公望
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
フリーエリア


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。